トップページ > 産科医療補償制度

産科医療補償制度

お知らせ

平成21年1月から「産科医療補償制度」が開始されました。
この補償制度は、厚生労働省所轄の「財団法人日本医療機能評価機構」が保険契約者となり、
当院など分娩を取り扱う病院・診療所・助産所などが保険加入者となって保険契約を結びます。この制度に加入した分娩機関において、万が一赤ちゃんが通常の妊娠・分娩にもかかわらず脳性麻痺となった場合、赤ちゃんおよびその家族の経済的負担を速やかに軽くすべく補償がなされるようになります。当院は、この「産科医療補償制度」に加入しておりますので、お知らせいたします。

お願い

当院でご出産予定の妊婦さまには、どなたも登録していただくことになっております。つきましては、以下のようにご案内いたしますので、登録証にご記入下さいますようお願い申し上げます。

  1. 妊娠4ヶ月ごろの妊娠さんに、登録証を順次交付いたします。
    登録証に必要事項のご記入をお願い致します。
    (登録証は母子手帳にはさんで保管しておいて下さい)
  2. 当院が「財団法人日本医療機能評価機構」に皆さまの「妊婦登録」を行ないます。
  3. 分娩となりましたら、「分娩済み」の追加登録を行ないます。
  4. 分娩数に応じた保険料を当院が「財団法人日本医療機能評価機構」に支払います。
    保険料は1分娩あたり3万円です。
  5. 保険料に相当する金額は当院の分娩料金に加算しての請求になりますが、このために「出産育児一時金」が4万円増額(35万円→39万円)されることになりましたので、皆さまの実質的な負担増加はありません。

厚生労働省は重度脳性麻痺の発生を年間500~800人と予想しております。
補償金の財源は分娩機関が支払う掛け金(1分娩当たり3万円)で賄われますが、掛け金3万円の負担が妊産婦に転嫁されないようにするため、出産後に支払われる「出産育児一時金」を平成21年1月より3万円引き上げられることになりました。

平成21年1月

医療法人 永田産婦人科
院長 永田 哲朗